自分が歯科検診に行くべきタイミングを知ろう!

こんな人は3か月に一度

どんな歯医者を選ぶか

あなた今通っている歯医者は、なぜ選んだのでしょう?
気に入っていますか?
そもそもどこの、どういった歯医者に行けばよいのか、疑問に思う人もいるでしょうか?
今やコンビニよりも数が多いと言われているのが歯医者で、年々数も増えてきているようです。

同じ歯医者でも、種類も様々、どういった診療に力を入れているのかも様々です。

注目すべきは、「予防歯科に力をいれているか」です。

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐ、予防に力を入れた歯医者です。
予防歯科に力点を置いている歯医者ほど、歯科検診が充実していることが多いです。
定期的に口の中をチェックすることで、多くの菌やウイルスなどからも歯や口の病気を防ぐことができます。

自分と相性の合う、歯科医師を探そう

人によって口の中の状態も、歯の状態も違う中、衣食住の環境も人それぞれ。
歯科医師は、そういったひとりひとりの状況に細かく対応し、適切な治療法を考えなくてはなりません。

そんなとき、歯科医師とのコミュニケーションが大切になりますし、相性も大事でしょう。
虫歯や歯周病の発見、治療も大事ですが、患者さんひとりひとりの話にいかに耳を傾けてくれるかに注目しましょう。

これまでどんなトラブルがあり、どんな治療を受けてきたのかなどを知ってもらいましょう。
自分が歯に対して希望することなども伝えらえると良いでしょう。

そういったコミュニケーションを取りながら、適切な治療法を見つけてくれる歯科医師なら安心して歯科検診が受けられそうです。


TOPへ戻る