歯科検診はどのタイミングで受けるべき?

自分が歯科検診に行くべきタイミングを知ろう!

なにもなくても!診てもらう価値あり

あなたはどのくらいに頻度で歯科検診に行っていますか?
数か月に一度、数年に一回、全く行っていないという人まで様々ではないでしょうか?

人それぞれの口の中の状態で、歯科検診に行くタイミングは変わるようです。
20代から50代は3か月に一度が良いと一般的にはされています。
入れ歯をしていたり、ブリッジやかぶせ物が多いと、行く回数が多くなります。

自分でしっかり歯磨きができ、ケアもできれば行く回数は少なくなりますが、歯周病がある、歯並びが悪い、歯周ポケットが深い、たばこを吸うなど、自分の口の中の状況で歯科検診の頻度は上がります。

状況に応じて自分はどの頻度で行くべきなのか、確認しましょう。

虫歯や歯周病があるとか、不都合を感じなければ歯科検診は、後回しにされがちです。
虫歯や歯周病を早く見つけるためにも、半年に一度は歯科検診を最低でも受けるようにしましょう。

上手に歯磨きができる人でも、9割の歯垢が取り除けるのみです。
残りの1割は自分ではどうしてもきれいにできない汚れであることを知りましょう。
その1割の汚れは歯医者で落とすことができます。

自分の力を過信せず、歯医者さんに口の中の状況を確認してもらうことで思わぬ虫歯や歯周病を未然に防ぐことだってできます。
セルフケアの技術を上げることもできるのでおすすめです。

日本には多くの歯医者があるので、どの歯医者に行けばよいか迷ってしまう人もいるでしょう。
そんなときは、予防歯科に注目しましょう。
歯や口内のあらゆるトラブルを未然に防ぐことに力を入れています。

また、歯科医師とのコミュニケーションも大切です。
自分のこれまでの口内環境の話を知ってもらった上で適切な治療法を見つけてくれ、なにか不安や疑問あれば聞きやすい、そんな歯科医師がいれば安心です。

TOPへ戻る